ichikawa house

ichikawa house 戸建て住宅 / 鉄骨造 / 千葉県市川市

市街地に建つ家族と犬のための住宅です。
パーティションや屏風は、完全に分離することもなく、見えすぎることもなく、気持ちの良いつながりを作ります。住宅に対しても仕組みをつかって、街の一角に住まうことを考えました。
周りの状況に合わせながら壁の高さを下げることで、視線をコントロールしながら開放的なスペースがうまれます。住宅と周りの環境との、新しい関係が始まります。

屏風状の壁によって、周りの環境からそっと切り取ります。そととなかが緩やかにつながることで、開放的な毎日が始まります。

2階バルコニー、3階テラス、屋上と3タイプのそとのスペースを持ち、用途や気分によって使い分けることができます。自然に外へと引き出され、生活の幅がぐっと広がります。

階段の上にはトップライトがあり、ハイサイドライトと合わせて部屋の両側から光が入ります。正面の窓は通りに面することから、下部を乳白色とし、オープンさとプライバシーを両立させています。

3階寝室:奥は屋上へとつながるテラス。テラスの窓は乳白色となっているので、テラスはもちろん寝室も、視線を気にすることなく快適に過ごせます。プライベートな屋外空間が生活を外へと引き出します。

3階テラス:空が切り取られた、プライベートな屋外スペースです。本を読んだり、お茶を飲んだりと、使い勝手の良い屋外空間です。

3階子供部屋:左側階段上のトップライトからも光がまわり、一日中明るい部屋です。成長に合わせて、二つの部屋に分けることができるようになっています。

明るく使い勝手の良いキッチンです。緑地の樹木に合わせて窓を計画し、緑が楽しめる広がりを持ったキッチンとなりました。リビングルームとは区切らずに建物いっぱいの長さを設けることで、伸びやかなスペースとしています。

キッチンからリビングルームを見る:日差しや緑があふれます。市街地の中でも、建物を工夫することで自然に親しむ毎日がはじまります。

階段:上部に設けられたトップライトからの光を1階にまで届けます。

2階バルコニー:床をグレーチングとすることで、その下は明るい玄関となりました。

隣地の公園の緑を借景として利用することで、自然の移り変わりが楽しめる住宅となりました。

ichikawa house を最後までご覧頂きありがとうございました!

1級建築士事務所 有限会社 吉原美比古建築設計事務所
158-0094 東京都世田谷区玉川3-15-7 山田ビルB402
東急田園都市線「二子玉川駅西口」徒歩4分
telephone / facsimile : 03-5716-5174
url : http://www.yy-ao.com
e-mail :yoshihiko.yoshihara@gmail.com